目元しみシワたるみ改善体験談

女性を笑顔にする! 美容サイト

目元の肌荒れをステロイド入り軟膏で治療


私は46歳で会社員をしています。一応自炊はしてますが、独身独り身なので食事のバランスは良くないです。いくら健康の為とはいえ、嫌いなもの(野菜等)をわざわざ購入してまで食べたいと思いませんからね。

食生活と遺伝が原因

同居人がいればまた違ってくるんでしょうが、好きな物を食べるという食生活を行っています。睡眠時間は4時間程度と、やや睡眠不足ですね。こういった生活環境と遺伝から、肌トラブルをよく起こしています。

最初に肌トラブルを起こしたのは20代半ばです。この時は体中にアトピー性皮膚炎が出来ました。30代には乾癬という皮膚病も発症。これは父も乾癬を煩ってるので遺伝だと思います。30代後半には頭皮湿疹を発症し、40代に入ってから眉毛と眉毛の間のTゾーンにも炎症を起こすようになりました。そしてその炎症が目元の目袋周辺にも出来ました。

皮膚科で三種類の薬の処方

Tゾーンや目袋周辺って顔のど真ん中に位置していますし、顔に大きな影響を与えます。Tゾーンに炎症が出来た時点で皮膚科で診察を受けました。医師からは頭皮湿疹用のキツメのステロイド入りの薬、体に出来たアトピー性皮膚炎用のステロイド入り軟膏、Tゾーン用の弱めのステロイド入り軟膏の三種類の薬を処方されました。頭皮湿疹と体のアトピー性皮膚炎は慢性的というか、症状が出たら塗るようにしてます。ですので症状が出ても塗りさえすればすぐ治ります。

問題はTゾーンです。医師からもらったTゾーン用の軟膏では治りません。なかなか治らないな~なんて呑気に構えてたら、その炎症が右目の目袋周辺にも発症したんです。Tゾーンに塗っていた軟膏を目袋の炎症にも使いましたが、残念ながらTゾーン同様効果はありません。むしろ段々と炎症が広がってきて目立つようになってきます。

これはどうしたものかと悩んだ結果、体のアトピー性皮膚炎用のステロイド入り軟膏を使いました。こういう薬って目に入ってはいけないので医師も顔用には別の薬を出したと思うんですが、それじゃ効果はありませんからね。幸い目元といっても、炎症が出来てるのは目袋なので目から少し離れてます。ここなら直接目に触れることもないだろうしと塗ってみました。

治ってもまた再発

さすがキツめのステロイド入り軟膏です。塗った翌日には炎症が引き始めてました。その日もストロイド入り軟膏を塗った所、三日目にはほぼ炎症は消え去ってました。三日目には何も薬を塗ってませんが、そのまま炎症は自然消滅。目にも異常はありませんし、助かりました。

ただこれは半年後にまた再発しました。その時も同様に体に塗ってるアトピー性皮膚炎用の軟膏を塗り、即消炎。それ以降目元に異常はありませんが、また再発するんじゃないかなとおびえてます。出来れば炎症を出ないようにしたいですが、私の持病である乾癬やアトピー性皮膚炎から来てるものだと思いますし、有効な手立てのないまま過ごしてます。