目元しみシワたるみ改善体験談

女性を笑顔にする! 美容サイト

日本酒洗顔でキメ細やかな肌へ


私は43歳の主婦です。まだ小学生の子供が2人いるので、エステに行く時間やお金もなく、スキンケアも手を抜いていました。30代後半頃から目尻の小じわやシミが気になるようになってきました。

日本酒に美肌成分

このままではどんどん老けてしまうと思い、何とか手軽に美肌を手に入れる方法はないかといろいろ探していたところ、日本酒が肌に良いということを知りました。日本酒は独特のにおいがあるので我が家では飲むことはありませんでしたが、この日本酒美容は日本酒を飲むわけではなく洗顔時に水に日本酒を混ぜて顔を洗うだけです。

日本酒にはアミノ酸が豊富に含まれていて、皮膚の再生を促進する作用があります。アミノ酸はコラーゲンを作る材料ですから、不足したコラーゲンを補って潤いのある肌にしてくれますし、フルーツ酸も含まれているので、古くなった余分な角質を取り除いて、ハリのある肌がよみがえります。またコウジ酸にはメラニン色素抑制効果がありますから、黄ぐすみを解消して肌の透明感を高めてくれます。このように美肌になる成分が豊富に含まれていますから、美肌にはとても効果的といえます。

日本酒洗顔の仕方教えます

私は毎日朝晩洗顔時に日本酒を使っています。使い方は通常の洗顔後洗面器にぬるま湯を適量を入れます。そこにコップ3分の1程度の日本酒を入れて、何度か顔を洗います。これを毎日続けていくだけで艶のある肌になっていきました。

もちろんすぐに効果が現れたわけではなく、1ヶ月ほど続けていくうちになんとなく鏡に映る自分の顔が明るく感じるようになりました。2ヶ月ほどで夫や子供からも顔が明るくなったと指摘されるほど変化が。自分でもメイクのノリが良くなり、あれだけ気になっていたシミが薄くなっていったような気がしました。

43歳でツヤ肌キープ

日本酒は特に値段が高いものが良いというわけではなく、お米で作られているものであれば安くてもまったく問題はありません。私も最初は少し高めの日本酒を使っていましたが、毎日使うものなのでだんだん値段の安い日本酒に変えていきましたか、それでも肌が荒れることもなくツヤツヤの肌をキープしています。

最近は日本酒が配合された化粧水や洗顔フォームなども販売されていますから、そういったものもきっと効果があると思います。でも何よりも手軽に続けられる日本酒洗顔が私にはあっています。最初は匂いが気になるかもしれませんが、洗顔後は気になりませんし古い角質がどんどんはがれて透明感のある肌が戻ってきますから、おすすめの美容法です。