目元しみシワたるみ改善体験談

女性を笑顔にする! 美容サイト

目の下のたるみ・しわ原因の真相とは


目の下にたるみやしわなど、今までなかったものを見つけた時はショックを受けない方はいないでしょう。周りからは老けて見られたり、疲れて見られたりと他者から見られる印象に影響を与えます。また、自分自身も自信が持てなくなり、モチベーションが上がらなかったりといいことはありません。そこで先ずはなぜ目の下にシワやたるみができるのかを理解し、悪化する前に予防や改善できないのかを考えていきましょう。

目の下のたるみの原因 眼輪筋(がんりんきん)

目元のたるみの原因として眼輪筋の影響が大きいようです。眼輪筋とは字から想像はつきますが眼球を輪っかのように囲んでいる筋肉のこと、顔にある表情筋の一つです。まぶたを閉じるなどに使ってはいますが、意識してみると普段はほとんど使っていないことに気がつきます。日ごろ鍛えられていない眼輪筋は、加齢と共に薄く筋力が弱り、ある時目の下の脂肪を支えられなくなり、ぷくっと膨らんでしまうのです。

また、特になりやすい方はパソコンやスマートフォンの作業を長時間行う方、人と話しをする時間が少ない方です。パソコンやスマートフォンの作業は長時間下の方を見続けることやまばたきをする回数が普段よりも少ななくなりますし、人と話しをする時間が少ない方は表情を変えることが少ないため、眼輪筋を使う機会あまりありません。普段からおしゃべりでよく笑い表情を変えるひとは多少でも表情筋が鍛えられていると言えるでしょう。

目の下のたるみの原因は眼輪筋だけではない

眼球を支えているのがロックウッド靭帯(じんたい)と言います。眼球の下には眼窩脂肪(がんかしぼう)があり、衝撃などから守るためのクッションの役割をしています。眼球を支えているロックウッド靭帯が年齢と共に緩んでくると、眼球の重みで眼窩脂肪がつぶされることにより、眼窩脂肪が前に飛び出してきます。これが、目の下の皮膚を押し出しふくらむことにより、たるみとなってしまうのです。

では、この眼球を支えているロックウッド靭帯を鍛えたら改善されるかと考えられますが、残念なことに靭帯は筋肉と違い鍛えることはできないのです。緩んでしまったら元には戻せなません。では、どうしたらいいのでしょう。やはり、眼輪筋を鍛えることが最善の予防と対策になるのです。

眼輪筋の運動試してみました

1.下まぶたの筋肉を意識し、だるくなるまで上に動かす
2.顔を動かさず目を開き眼球だけを「右→上→左→上→右」

最初はやりにくく感じると思いますが、徐々に慣れて簡単にできるようになります。無理せず長続きさせることが大切です。忙しくて時間がないとか、忘れてしまうとかいう方はお風呂で行うのがお勧めです。血行も良くなっていますし、人目を気にしなくていいですしから。早ければ2カ月ぐらいでたるみが改善されてきます。眼輪筋を動かすことによりリンパの流れも良くなりますので、溜まっていた老廃物が流れることにより顔もスッキリとしてきます。

目の下たるみ改善後の効果

眼輪筋の運動で目の下のたるみがなくなるのと同時にシワも少なくなります。また、目元の化粧のりも良くなり明るくなります。以外だったのが、目の周りの筋肉を鍛えていたのにおでこのシワがなくなりつるんとしてます。肌のくすみもなくなった気がします。

眼輪筋を鍛えたるみを改善できたことで、他者からの印象がかなり変わりました。例えば、仕事関係のひとから「疲れれてるね。大丈夫?」とよく声を掛けられていましたが誰にも言われなくなりました。逆に「肌がめちゃくちゃキレイだけど特別な事してるんですか?」と聞かれたりするようになりました。本当に目元のシワやたるみだけで周りの対応が変わるのだと実感しました。

周りの対応が変わるといつも笑顔でいれますし、ひとに優しくなり怒ることもなくなりました。心に余裕ができ、嫌なことがあってもモチベーションを保つことができるようにな良いことずくめです。お金も道具もかかりませんので、ぜひ試してみてください。

日常的に気をつけること

目の周りの皮膚は頬の皮膚に比べ1/3の薄さなのです。このようにとても薄いため、外的要因に影響を受けやすいのです。外的要因として考えられるのは、紫外線、化粧品、摩擦などがあります。また、皮脂腺が非常に少ないため、乾燥しやすい特徴があります。

ちなみに1分間に何回まばたきをしていると思われますか。女性で15回程度だそうです。そうすると、1時間では900回となりますが、肌の中でもとてもデリケートな部分がこんなに過酷に動いている訳ですから、肌トラブルが起きやすいのもわかると思います。

外的要因は意識することで減らすことが可能

例えば、紫外線からであれば日焼け止めを塗る、帽子を被る、日傘を差す。化粧品はエタノールや刺激の強い防腐剤や界面活性剤などは避けましょう。アイシャドーやアイラインはごしごし力を入れ過ぎないようにしましょう。洗顔のときは目の周りは洗顔料をつけるのを避けましょう。ただし、化粧はしっかりと落とさないといけません。クレンジングは化粧を溶かすよう丁寧に行います。

外的要因は毎日繰り返し行っていることがほとんどです。最初は意識して改善していかなくてはいけませんが、回数を重ねていけば日常のルーティンとなり、無意識にできるようになります。よく美肌のひとに「肌に良いこと何かしてるんですか?」と質問すると、何もしていないと答えます。これは、肌に良いことを考えずに無意識に行っているからです。誰でもそうなれます。

ストレスや疲労による肌トラブル

精神的ストレスや肉体的な疲労は肌トラブルの発生や悪化に、深くかかわっていることが様々な機関の研究によりわかっています。ストレスホルモンの分泌で、肌の潤い成分を奪っていくのです。誰でも何らかのストレスを感じて日々を過ごしていることでしょう。仕事だったり、人間関係、子育て、お金の心配など盛りだくさん。なかった事にできればいいのですが、そう言う訳にもいきません。

精神的ストレスや肉体的疲労を溜め込まず、自分なりに発散したり軽減したりする術を見つけましょう。趣味を作るのも良し、友達とおしゃべりをしたり、食事するのも良し、ゆっくり読書するのも良し、自分が居心地がよく笑顔で楽しい時間を過ごすことで、ハッピーホルモンが分泌されます。

ニセトロンと睡眠

ハッピーホルモンの1つにセロトニンがあります。セロトニンはストレス感情をコントロールコントロールしてくれるため、ポジティブな考え方ができるようになります。また、抗重力筋という筋肉の力を強化させるます。顔にある表情筋も抗重力筋ですので、目元や顔のたるみの改善になります。

体と心を休めるには良質な睡眠が必要です。寝ている間に成長ホルモンが分泌されますが、成長ホルモンがいつ分泌させるかというと、入眠してら3時間後です。その時に深い眠りについていることが必須となります。また、6時間以上眠るのが肌に良いと言われていますので、朝早くから行動する方は早寝を心掛けましょう。

まとめ

目の下のシワやたるみの原因は1つではないということがわかりました。原因となっている要因は、特別なことではなく日常的なことで一つ一つ意識していくことで、習慣化できていけます。毎日、完璧にやり遂げるのは、これまたストレスになり得るかもしれません。自身が楽しく取り組めるものから実践してみましょう。

効果がでくると気持ちも変化し、更に楽しみになり行動に移しやすくなります。今現在、肌トラブルがないという方も、肌に悪影響がありそうな行動をしていないか思い返し、事前に対処していきましょう。