目元しみシワたるみ改善体験談

女性を笑顔にする! 美容サイト

クレンジングで肌の悩み解消


30代を前にして振り返ると、私は今まで様々な肌トラブルに悩まされてきました。

ニキビの悩みは小学生から

小学生の頃からポツポツ出てきたニキビは中学生になると手がつけられないほど増え、大学時代にようやく落ち着いたと思えば今度は今までと違う顎周りなどの大人ニキビ。皮膚科に通い、ニキビが落ち着いた後には乾燥肌とオイリー肌のダブルパンチ。28歳会社員になった今も、オフィスの中のエアコンや残業終わりの飲み会など、キレイなお肌の大敵となるものに日々囲まれています。

忙しい中でも、どんなに遅く帰ってきても、お肌のケアだけは手を抜きません。少し面倒だからといって手入れを1日怠ると、皮膚が粉を吹いてたりぽつっと新しいニキビができていたり…そんな1日の始まりを迎えるのはテンションが下がりますよね。毎朝お化粧をする時は、すっきり化粧ノリのいい肌で迎えたいのです。コンシーラーやファンデーションで分厚く肌を隠さずに、ナチュラルメイクをできるよう調子を整えることを意識しています。

美肌友達の「クレンジング法」

肌トラブルの中でも私が特に気にしているのは毛穴です。小鼻はもちろん、頬などもファンデーションで埋めれば埋めるほどニキビなどの他のトラブルにつながります。ぷつぷつと黒ずんだ毛穴は接する人にも見られたくないですし、無理やりシートなどで剥がそうとすると毛穴が広がったり痛みが伴うので逆効果でした。できるだけ元の肌から毛穴を綺麗にしておきたい、と思いたどり着いたのが「クレンジング方法」です。

このクレンジング方法にたどり着いたのは、友人と旅行に行ったことがきっかけでした。とても肌が綺麗な友人は、私よりはるかに長い時間クレンジングに時間をかけていたことに気がついたのです。使っているのは市販のものでしたが、15分ほどの時間をかけてゆっくりと丁寧にクレンジングが行われた友人の肌は毛穴一つ目立たずピカピカに輝いていて、とても驚いたのを覚えています。家に帰ってから早速様々なクレンジング方法を調べ、一通り試した末に自分の肌に合う今のやり方にたどり着きました。

毛穴の中の脂や汚れを溶かしていくイメージ10分

私が使用しているのはクリームタイプのクレンジングです。オイルやジェルも試したのですが、敏感肌の私にはクリームタイプが一番刺激が少なく摩擦も少ないので合っていました。クリームタイプのものを気持ち少し多めに手のひらに取り、中指と人差し指だけを使いながらくるくると顔に満遍なく塗り込んでいく作業をひたすら10分ほど続けています。指には力を入れずに顔に添える程度で、特に気になる小鼻の際などは重点的に行います。

毛穴の中の脂や汚れを溶かしていくイメージで数年間毎日欠かさず続けてきました。始めて1ヶ月ほどで友人から肌が綺麗になったと言われ、自分自身でも化粧のノリや持ちがよくなったのを実感していました。肌トラブルも以前比べてほとんどなくなりましたし、化粧水などを浸透しやすくなったように思います。地道ではありますが毎日欠かさず行うことで、トラブル知らずの肌に一気に近づくことができた私のとっておきの方法です。